KARUISHI+blog

<   2005年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

一足お先に。

思い返せば、様々に。

多種多様ではないけれど。

深く煌びやかな今年の情景が浮かんでくるというものです。

僕の漫画を読んで喜ぶ人々の顔、顔、顔。

時には蔑みや怒りもあるかもしれない。

それでも、笑ってくれる誰かがいるのだ。

だから、僕は描くのだ。

……って感じに、来年はしましょうか。


それでは皆さん、挨拶も早々ですがこれにて。

良いお年始めを迎えられますよう。
[PR]
by karuishi2005 | 2005-12-30 14:45 | 漫画

灰の中から甦れ―N、来襲―

昨日から今日にかけてサバトをしていました。
単に先輩を家へ呼んでひたすらぐちゃぐちゃしていただけなのですが、
あんまり内容的にアレだったので黒ミサと表現するしかありません。
年末に、一体、何をやっているのでしょうか。

――実に有意義。

かくして、延々と繰り広げられた集会でしたが
眠気やら、なんやらの本能には勝てず先ほど、解散し。

しばらくの間、遊戯王とか見ていたのです。が。
腹が減った、ので、スパゲッティを茹でたら、また
まただよ!またかよ!ファーーーーーーーック!
洗ったはずの鍋の洗剤がちゃん落とせてなくて、
沸騰した湯の中で踊る麺とともに、妙な泡がぶくぶくぶくぶく。
盛大にため息をつきながら、一応箸で混ぜると
おお!これは!
かき混ぜてもいないのに麺が鍋底にくっつくこともなく、つるっつるやわー!

一徹ちゃぶ台返しーー!!

……意味が分かりません。僕はお腹が空いたんですよ。
だから、わざわざウインナーまで放り込んでぐつぐつ茹でたんです。
それが、もう、見るも無残な成り損ない料理になるなんて。
―――――ただ茹ですぎただけならまだ食えるのに。

「料理を成功させる重要な要素はふたつ!
繊細さと――洗剤だ!」

洗剤は要らないよ。宮田くん!
こんなもん食えません。食ったら死にます。捨てましょう。 

仕方ないので、寝ましょう。
[PR]
by karuishi2005 | 2005-12-29 01:58 | 日記

舞おとめを見るつもりがいつの間にかアカギに。

やあ!関西に住む糞オタクなお友達こんばんは!
みんなそれほど夢中でもないけど中途半端には大好きさベイベーロケンロール!
で、おなじみの舞-乙HIMEの時間だよ!

ほうらみんな!
「北の国からカルトクイズ」とか
「ドランクドラゴン監修面白投稿SP天才D」とか見ている場合じゃないよ!
もう舞-乙HIMEのはじまる時間だよ!チャンネル変えようよ!

なに?そんなん見ない?
「ノーパンドラマ」見る?
馬鹿!舞-乙HIMEがはじまるって言うのにそんなノーパンドラマなんて…

えっ!?の、の、ノーパンドラマ!?
出演者全員ノーパン!?

それって女子高生出てる!?チェックのスカート履いてる!?
は、履いてるじゃん!!
むしろ女子高生どころか女教師まで出てるじゃん!!
しかもカメラは下からのアングルかい?

うわーーーーい最ーーー高だーーーーーーーーい!!

って、馬鹿!!

お前、もうなんていうか……………馬鹿!!何度言わせんだ!!
「見えそうだ!見える訳ないけど見えそうだ!
これはもう童心に返るしかねええ!!
テレビだから角度なんか変わるはずないけど、
さすがに分かってるけど、思わずテレビ筐体の下から見ちゃう!
…見える訳ないよね!てへっ、僕の馬・鹿☆」
とか、にへにへしてる場合じゃないんだよ!!
むしろキモイわああああ!!死ね!このエロス!
あーもう!その下半身で動く癖どうにかしてくださいよー!
なんでこんなくだらなあい日記書かなくちゃいけないんですかー?

ね、大人なんだかぁら。
見るんでしょお?舞乙見るんでしょお?
あなたがはじめにそう言ったんでしょお?

うるせえ。なんでそう無駄に人に不快さの素を撒き散らすんだてめえ。死ね。

分かりました分かりましたよ、どうせノーパンドラマも公共放送の枠は超えられなかったからね!見ますよ!晶くん出てるんだから!舞乙見るって言ってんだろ!!ほうら見てごらんよ!このリモコン捌き!俺クラスのリモコン使いになるとわざわざリモコンを見ずに操作しても意のままにチャンネルを操れるのさ、さあ、チャンネルよ、アニメに変われ!!


「彼らのいかさまを逆手に取り、有金を巻き上げるが、逆恨みを買う」


「♪どーうしてこんなーにふあんーになるのかなー」ってね、舞乙のOPにばっちりヒット。見たか僕の麗しきリモコン捌き。もう完璧だろ?正直惚れただろ?惚れたって言え。なにせ一部の隙も狂いもなく舞乙……って、アカギだよこれ!!また違う番組かよ!死ね!!って言うかもう舞乙見る気ねーじゃん!!

あーもう白けた白けた。もういいや舞乙。もういいよ。
どうせタイトルに乙って書いてあるんだからいつ「乙」って言ってもいいんだろ?うひゃひゃひゃひゃ。最低。何もかも最低。
って言うか、アカギが面白すぎる上に、今日は二話連続スペシャルだったので
もう舞乙いいです。アカギ見ます。…やひー!おもしれー!!


この男は駄目じゃ――欠けているものがある


絶望を抱いて死にましょう。石田さんとの約束を守りましょう。どっちやねん。
むしろそれはカイジです。人間競馬。金は命より重いのです。ついでに死にません。

―――こんな地の底では死ねません。
[PR]
by karuishi2005 | 2005-12-27 02:57 | 戯言

第参話 鳴らない電話

あちらとこちらの境界線、際どいぎりぎりのライン、「エヴァンゲリオン」の完全に向こう側から、かるいしサンタが皆様に華麗に、陰鬱に、さわやかに!鬱をお届けに参りました。なんと、「いらねー」ですか!?ああ、なんということか。せっかくの、心なしの善意も受け取ってもらうこと叶いません。踏んだり蹴ったりなので、死にましょう。尚、その際、僕だけが死ぬっていうのは嫌なので皆さんも漏れなく道連れです。当たり前です。一人で死ぬなんて寂しすぎます。この日記を読んだ瞬間から要望失望個人関係なく、僕とあなたは一蓮托生。むしろ皆殺しのめろでぃです。いやいや地球消滅ぼかーーん!あひゃひゃひゃー!!(危ない人がいるので気をつけてください)


なぜか電話が鳴りません。


このブログ上でささやかに告知をかけてから今日で三日も経つと言うのに鳴りません。
鳴らない電話をちらちらと気にかけながら過ごす最近の僕の様子と来たら、
まるで恋人からの電話を待つ乙女のようなそれです。つまりは健気だってことです。
そんな僕がこうまで待っているのに電話は鳴りません。なんて薄情なんだ!
いや、そのりくつはおかしい。
いやいや、そんな不義理な人じゃないので、きっと忙しいんですね。
あんまり忙しく、パソコンに触る暇もなく、勿論ここも見ていないのでしょう。
もし、見てて尚且つスルーだったら死にます。撒きます。ぶち撒けます。

否、これはもう自分からかけるしかないのでしょうか。
でも一発で出てくれるでしょうか。…無理そうです。即答できます。
だって、彼の電話ッたら家電なんだもの。直通じゃないんだもの。
大体、あの人はこの単身世帯での携帯電話普及率が91%を迎えた昨今に
携帯電話のひとつも持ってないなんて!そんな馬鹿にゃ!ですよ!
って言うか、にゃ、って。自分ファック。

なーんてくだらない日記を更新しようとしてたら電話が「プルルルー」
とかいうのがいいなあ、僕。
「わあい、丁度今それに関しての日記をアップしようとした寸前でしたよーうひゃひゃー」
とか、そういうね。素敵な感じの。グウッドタイミィングな感じの。

……鳴りません。まあ鳴るわきゃ無いです。悲しいね。

なんか悔しいのでクリスマスが終わってから、かけましょう。



日に日に屑レベーーールがあがっていくわぁ………( ※ з ※ )<パチクリ

まあ、もう少ししたらこのウザフィーバー状態もある程度、鎮火します。
今までもそうでした。これからもそうだといいな。そんな願望。



追記・ネーム描いてたらいつの間にか一時だ…。
さすがにこの時間にお家の電話を鳴らすわけにはいかないような、気がする。

………………!

N松さん!引き続き、電話待ってます!!


電話したーー!!うっひゃーー!!
[PR]
by karuishi2005 | 2005-12-26 00:00 | 戯言

舞! 乙! ひめーー!! 晶くんだ晶くんだ!!きゃー!!

先輩やら友人やらとメッセで話してちょっとだけ泥沼ダウナーモードから復活。

した、ので、早速アニメでも見てみようかとね!(いいんですこれで)
選んだのが舞2。…失敬。どうやったって略しちゃうんですよねー「舞-乙Hime」です。
やー。たるかったので一端は積極的な視聴を打ち切っていた舞HIME-Z(無理やり)でしたが。
とうとう晶くんが出てきたと言うのでちょっと見てみましたよ。
くぅ…っ!長かった…!もう完全に戦力外通告喰らってたのかと思ってた…!
もう僕にはでぼちんしかいないのかと思っていた…!!
そんな感じの心境だったんですが。(意味が分からない)

ごめんなさい。
正直に言います、僕、白状します。
もう僕、晶くんにメロメロやねん。
ほんまやでー。メロメロやねんでー。
こんなこと、アニメキャラにメロメロとか一般的に痛いこと言うても、
もう簡単に自分で自分に「死ね」なんてよう言わへんでー。
鬱にならへんでー。頑張ってるねんでー。自分で言ったら何もかも台無しやねんでー。

これ以上、胡散臭い大阪弁を続けると怒られるのでもう黙りますけども。

いやー、いいんじゃない?晶くん。すってきー!!
なんせあの装備品「オトコマーサリー」と来たら、一度こっちに惚れたが最後。
少し強気に迫ればもうなんでもしてくれますよ、まさに完璧です。
こちらの一言で以後の全ての動向が決定しますよ。
つまるとこ、頭いいのに、馬鹿とかね。もう最高じゃないですか。
適度に胸が小さいのもポイントです。なあにがポイントって。
小さかったら、胸がでかい女の人を見たとき、「ああいうのがいいのかなあ…」とかね!
自分の胸の大きさを気にしたり!するじゃないですか!!


来週からはいよいよ、ちみどーろ。骨肉の争いが展開されそうで。
やっぱり茜ちゃんが生贄なんだね!!!みたいな。

いいなーいいなー楽しくなってきたぞうーーー。



…だったらいいのにな。見苦しいので、死にましょう。
[PR]
by karuishi2005 | 2005-12-25 04:48 | えーと、キャラ萌え…

丸一日、何も食わなかったら二キロ減った

すっごい簡単に痩せるんだ。さすがキモオタデブ。自虐自虐騒ぐな馬鹿共。死ね。はいはい分かった怒るなよ、分かったよ俺が死ぬよ。それでいいんだろう?もういいよ。馬鹿。死ぬか。死ねるか。って言うか。毎日どんだけ無駄に栄養摂取してたことか丸分かりだね。ようし、これからは何も食わないを目標にしよう。もし、食っても吐き出そう。おえー。げろげろげろー。きちゃないわ!体調管理だとか良くない痩せ方だとか、知らん。もう数字以外はどうでもいい。僕には数字しか見えない。

ところでそんな前振りは即効で無視して、さっき、スパゲッティを食ったんだ。さっき食わないって言ったじゃんきゃーきゃーきゃーこのほら吹きー!デブー!!うるせえ黙れ。なんか食わなかったら、最低限の知識しかなくてもこの頭が働かねえだろうが。働いても働かなくても一緒?余計なお世話なんだよ、死ね。消え失せろ。塵芥の如くそこら辺、舞ってろ。っつーかこの麺、なんか泡立ってる。麺と麺の間に薄く膜が張ってやがる。何コレ?意味分かんない。いや待て。そう言えば、この食器やら茹でた鍋やら、さっき洗剤で拭いただけでろくに水で流してなかった気がする。つまり、このスパゲッティの調味料は塩とキムチと隠し味に洗剤。やべーな!シェフも驚きだぜ!すげーな!あーひゃひゃひゃひゃー。

食えるか馬鹿

…はあ、食うなっつーことか。分かった分かった。食わないよ。ごめんよ、分かった、死ぬよ。むしろ死ねばいいだろ。まあ、ちょっと死ね死ね言いすぎですね。さすがにみんな不快になったかしら。ごめんなさあい。大変です謝っても許してもらえない匂いがします。僕がキモイからでしょうか。そうですねその通りです。うひゃひゃひゃひゃー。

こういう時は妄想しかありません。

扉を蹴破って乱暴に立ち入ってくる眼鏡をかけた可愛らしい少女。その可愛さに顔を背けながらも「ちょっと寒いんですけど」と意志薄弱な抗議をする僕の胸倉を掴んで持ち上げようとして、しかし重いので無理。自らの思惑が外れながらも今更、その手を離すことは出来ず、顔を赤らめながら「てめーこのデブ、なんでそんなデブなんだ、謎だ、普通じゃない。まあいい、実は結構いい感じかもしれないぞデブ、実に好きだ。よって、あたしと付き合え。命令だ」僕は猿のようにウヒャりながらいざ返事をしようとすると、少女の体は、僕を掴んだ手の辺りからぽろぽろと崩れ落ちて、灰になってゆく。「はい!」という返事をするだけの筈が「会った刹那に君は消えるのかい。」と言う悲しみに満ちた疑問に変わり、「さよなら、好きだったわ」の言葉とともに彼女は完全に灰になる。残ったのは粉砕された扉とかつて少女だったはずの灰。一瞬の邂逅。刹那の別れ。ばいばいばいばい。

死ね。

僕は妄想の中でさえ幸せになれません。死にましょう。
[PR]
by karuishi2005 | 2005-12-24 18:31 | 戯言

濁った目で覗く水槽の向こう側。

たとえ、どんなに水槽の中が透き通っていても、

その向こうに美しい何かがあったとしても、

濁った目で見えるのはいつもそう。暗い何かでしかないのだ。


ならば、お前は濁った目に目薬でもさせばいい。それでも駄目なら眼科にでも行けばいい。
美しい何かが、ただお前だけを待っているのだから。
それでも。お前はそれでも、死にたいか?

あなたはそう言うけれど。

臆面もなく、きっぱりと「死にたいです」と、もしも僕がそう答えたらどうするんだ。

そのときは見捨てよう。潔く見捨てよう。
醜さなど代わりはいくらでも用意できよう。
だから、お前が、私の最後の狂おしいまでに美しいこの慈悲を受け取らぬと言うのなら、
何度も言うが、見捨てよう。

あなたはそう言うけれど。

悪いとも思わないが、僕は鼻で笑ってしまうだろう。

慈悲も、何もかも、腐敗した上意の如き、高みの言葉だ。
僕が欲しいのは、ほとんど何も欲しくはないが、期待などないが、
それでも僅かにでも欲するものは。そんなくだらない言葉じゃない。
そんな世界ならこちらから願い下げだ。
死ね、死ね、死ね。全て死んでしまえ。
そうだ。あなたは、これまでをことごとく反芻し、永劫に死に続けろ。

あなたはそう言うけれど。

蔑みの眼差しはもうたくさんだ。

死ななくていい。僕が死のう。

だから、貴様は灰燼に帰せ。


理屈なんか通らなくていい。

意味なんか無くたっていい。

どんなに痛んでも、殺してもいい。

だから、貴様は死ね。


だけど。


ナイフをよこせ。痛みをよこせ。俺が死ぬための証を体に刻め。

血を流すことを、その目に焼き付けろ。

だから、僕は何度もそう思っても。何も出来ないから。

それでも、泣きたくはない。負けたくは無い。

前を向くことは辛いけど、いつか辛くなくなるから。

そう思わなくちゃ生きていけないから。


畜生。
[PR]
by karuishi2005 | 2005-12-23 01:14 | 戯言

ドラえもん最終回(仮)

ドラえもんドラえもん

最近のトレンドといったらやはりこれだね。
忙しい毎日にも忘れないゆとりのエッセンス。
漫画の休憩に、食事の合間に、これ――映画ドラえもん。

―――――みたいな。

そんな生活を送っていた僕になんかタイムリーに
素敵過ぎるブツが友人のmixi日記経由でもたらされました。

それが、これ。ドラえもん最終回

経緯は全く知らず、ただそこにあるものを読んで、
という完全に後追いのお祭り参加なのですが。
これがもう…
僕にしてみれば、デザートかよ!みたいな。

女子高生のしずかちゃんがエロ可愛いんです。

ジャイアンが熱いんです。

スネオはやっぱりスネオなんです。

出来杉君が出てるんです。

のび太とドラえもんの友情は固いんです。
がっちりなんです。

とっても大好きドラえもんなんです。


さあ、行って来い。
[PR]
by karuishi2005 | 2005-12-22 12:50 | ヒト漫画

俺のターン!行くぜ、魂のドロー!!

ここ最近、地味に

「遊戯王デュエルモンスターズいいなあ…」

と思っている、いわゆるオタクが一人、この地球上に生まれつつあります。
まあ、僕のことですが。

特に水曜日に放送されているアニメなんかこれ、
ここだけの話ですが僕、めっちゃ楽しみにしてますからね。
ここまで、どきどきわくわくしながら
毎週楽しみにしているアニメなんて他にはアカギぐらいですよ。

いやね、何が楽しいって。
いい具合に子供心を刺激されるところでしょうか。

―――、一体、僕は何歳でしょうか。子供心とか言っている場合じゃな…

いやいやいやいや。なかなかないのですよ。
そうリラックスして馬鹿になれるものって。
よろしいですか。
人目を気にせず、頭空っぽにして、楽しんでいいんだ。と言う安心感。
なかなかないですよ。

で、今見ているんですがね。これが楽しい楽しい。

だって、実際カードゲームのときに
「俺のターン!ドロー!」だの「フッ・・・、残念だったな、トラップカードオープン!!」だの
言わないでしょう。アホのように恥ずかしいし。

実際は淡々と
「あ、俺のターンだっけ?」「うん」「ライフの計算…7200からー、攻撃力2500でこっちが攻撃力1850でーマイナスーあーめんどくせー50とか端数余計なんだよファーーック」とかぶつぶつ言うだけですよ。うーわ、なんて不気味さかしら。
興が乗ってくると、それなりに盛り上がりますが
それでもアニメのように芝居がかったりはしない。

けどね、本当は芝居がかりたいわけですよ。
僕だけかも知れませんが。

これでも遊戯王を読んで育っているのです。実はね、やりたいんですよ。
「俺のターン!!」とか叫んだり、広いフィールドで対峙してみたい。勝ち誇りたい。

しかし、現実ではいざやるとなったら狭い室内で机の上で、
ライフポイントの計算しながらもくもくと。
いや、これも楽しいんですけどね。やっぱりなあ。
あのスケールのでかさを体感してみたいよなあ。


…と、思いながらこのアニメを見ていると素敵に面白いんです。


冷めて考えると、そりゃカード売らなくちゃならないので
それなりに楽しく作らなくてはならないのでしょうが。

うーあー。長くなった。
[PR]
by karuishi2005 | 2005-12-21 19:12 | 戯言

たとえ人より歩み遅くても

機獣新世紀ZOIDSのOPから引用のタイトル。
深い意味は無いけど。なんとなく、現状とリンクしないかなあ。と。

ただ前向きに、前向きに。

ところで、昨日一昨日までの如何ともしがたい寒さが収まりましたね。
ニュース等、見ていなかったので知らなかったのですが、どうやら寒波だったそうな。
言われてはじめて気づくのもどうかしてると思いますが。とりあえず。
次は木曜に来るとか来ないとか。やだなあ。寒いのは。

さあ、外へ出ると、久しぶりに気持ちの良い青空です。

どこまでもどこまでも、雲の欠片を含んだ青が空一面で自己主張。

これはまさに、掃除日和。

せっかくなので大掃除。

一年間で溜まった本の置き場が無い。

ホームセンターに行って、カラーボックスでも買いましょうか。

何はともあれ。

今日はいい天気です。

一歩一歩。

焦ることは大事だけど、焦りすぎても仕方ない。

でも、ちゃんと進もう。

そんな日にしよう。
[PR]
by karuishi2005 | 2005-12-20 13:30 | 日記



ぎゃああああああああ