KARUISHI+blog

カテゴリ:アニメ感想?( 39 )

ゾイドジェネシス最終話 「再生」 感想

「頼む!動いてくれムラサメライガー!!
 みんなを…ミィを!救いたいんだ!お願いだ!」


畜生!こ、こいつらマゾだらけだ!!
ゾイドさえも含めてキャラクターの途方もない献身ぶりに
そんな照れ台詞で導入するしかない擦れた我が心。

ミィ至上主義を勝手に謳っていた俺が!!
満足していい最終回だったと言っていいと思う。
様々な理由で強く強く推せないのが切ないけれど。
それでも、終わって残念だったよ。

さて、以下はアレな感じで。

ミィは最後までいわゆる分かりやすいデレ期に突入しませんでした。
他のキャラにはまともな対応できるくせにルージには最初から最後までツンケンです。
そこに惹かれるのですが。軽い意味なら最初からデレだった気がします。
しかし、最終回で一番可愛いのはルージです。割とマジです。
あと、ムラサメライガーは可愛いゾイドだったらしいです。
あんな設定あるなら最初から出せ。吼えさせろ。予備とか言うな。
デッドリーコング作り直せ。
仕方ないので、投売りが始まると思われる今、目ぼしいものは買いましょう。

こんな言葉で茶を濁す。

毎度のことだけど、こういうアニメは後日談が欲しいなと思う。
どこかで構成ミスってるのか最後やたら短いしなぁ。
それ言ったらゾイドアニメは全部そうなんだけど。
あれ、じゃあミスじゃないのか。どっちでもいいぜ。
俺にはまだジェネシスが足りねえんだ!!
DVD特典につけてくれたら最終巻だけでも買っていいかもしれないよ。
畜生、見ろ!これを見るんだスタッフ!作るんだ!頑張れ!見ません残念ですね。

結局結局、ミィが可愛い。終わったけど、当分愛でるのだ。
い、いらねーカミングアウトしちまったぜ…!

もう駄目です。何回言ったかこの台詞。
[PR]
by karuishi2005 | 2006-03-27 02:58 | アニメ感想?

ミィ姫がハイパーモードになったとき、僕は幸せになり、同時にその様に落ち込んだ。

ふらふらとうろついてました。
旅と言うには程遠く、かと言って日帰りでもなく、
何の当てもなく友人の家を梯子してみるつもりが
自らの先を見ない金遣いの荒さと
久々に再会した旧友に対する懐かしさから
一人の家に二日ほど泊まり、たらりららー。

有意義なようなそうでもないような
楽しさという観点から見れば確かに楽しかった数日間でした。

ところで、そんな腐れた自分語りは置いといて。
今週のゾイドジェネシスが素晴らしい話をしよう。
違う、ミィ姫が素晴らしい。
それも仕草だの台詞だのそこら辺が素晴らしいのではない。作画だ。
首を捻るな。作画だと言っているじゃないか。
可愛い可愛い。思わずのた打ち回ったぞ僕は!!

つまり、分かりやすく言うとだ!!
通常ならよくてこんな感じが。
d0007051_1262338.jpg



d0007051_21585711.jpg


今日はこういうことだよ!!


おープリティー!!
この後、主人公に抱きつきます。
オープリティーー!!!


結局、どうしようもありません。
[PR]
by karuishi2005 | 2006-03-21 22:01 | アニメ感想?

ポケットの中には

ほうら、モンスターが!!

7年から5年前、僕はポケモンにメロメロだった。
最初に選ぶポケモンは何度プレイしなおしてもヒトカゲだったし。
サンダースが好きで仕方なかったし。
べらぼうに強い伝説ポケモンは自分ルールで使用禁止したせいで
「そらをとぶ」ポケモンをどれにしようかと真剣に悩んでいた。
友人と通信対戦する時はミュウツー同士の対戦で
「はかいこうせん→じこさいせい」をエンドレスで繰り返していた。

その記憶は明るく楽しく健気に健やかに
今は暗黒となって我が心の片隅に根付いている。

ポケモンエメラルドを久しぶりに起動させる。

デデデーデデデーデデデーデデデーデデデーデデデーデー!
テケテケテッケテケテッケッテテケテケテケテー!
長年変わることのない懐かしきイントロ。

思えばエメラルドは、世代直撃だった頃のレッドやグリーン、シルバーとは違い、
暇潰しのためのプレイしかしていなかった。
今もまた、暇を潰すために僅かに起動させる。
何故だろう。何故わざわざこれを選択するのか。

それは、だ。
何度リニューアルしても、
どれだけデザインがアホになっていっても
必ず、一匹は気に入るポケモンがいるものだ。
シルバーではハッサムが好きだった。

思い出すのは初プレイ。エメラルド開始直後。
レッド・グリーン以降、すっかり可愛くなくなってしまった初期ポケモンを
うんざりとしながらも引き連れて
「さあ、倒そう。全部倒そう。
 モンスターボール禁止だお前一匹で最後まで行くぞパートナー」
と呟きながら草むらを徘徊していた主人公の前にそいつは現れた。
ラルトス。

驚くべきことに僕は一目で恋に落ちた。
前情報も何もなく、あまつさえ攻略法なんか見やしない。
どいつもこいつも見たことのないポケモンばかりが歩き回っているエメラルドで
幸か不幸か、僕はラルトスに出会ったのだった。

ポケモンというゲームは自己補完が自由だ。
この町で何をして、このマップで何を拾って、次の目的地はここ。
そういうお膳立ては最小限で、最高で。
他は自分で組み立てて構わない。
物語の要となる、手元におけるポケモンは最大六匹。
中でも。パートナーと呼ぶべきポケモンを決めることは誰にも自由だ。
最初に配布されるポケモンではないのだ。
自分がそうだと信じるものにそのポジションを託すことが出来るのだ。
レッドの時のサンダースの様に。リザードンのように。ハッサムのように。
そうして僕はこのエメラルドの中でラルトスに出会ったのである。

彼女の戦う場所は常に最前線。
他のポケモンより多くの戦いを経験させた。
恐らく、過度な愛情も注いでいる。
プレイ中も熱の入りやすい僕はわざわざ入り込んで声に出して応援したりした。
擬似とは言え、ゲームとは言え、相棒なのだ。
だから、だろうか。数ある「暇潰し」ゲームの中から敢えてチョイスする理由。
電子音の向こう側に、彼女はいる。いるのだ。
負けもした、倒れもした、最後の最後、四天王戦がどうしても勝てなくて、
マスターボールで捕まえたレベル70のレックウザにバトンタッチしてもらったりもした。
レベルあげもそこそこにしかしてやれなかった相棒よ。

たとえ、一時の今潰しでも。
さあ、雪辱の四天王戦。
いっちょもんでやろうではないか。

ピコピコピコピー!
[PR]
by karuishi2005 | 2006-03-13 10:29 | アニメ感想?

くーわがったつっまみー

くーわがったつまみー!
くーわがったつっまみー!

つーまみにつっまめぬもーのはなっいー。

可愛いので、ご紹介
お父さんもいいなあ。


練馬大根ブラザーズの9話が恐ろしい出来なことに。
作画が壊れてるせいでテンポまで壊れていて、台詞と絵が噛み合わず、見てられません。
見るときは何か自分が大好きなアニメを一本用意しておかないとダメだと思います。
口直しと言うか、頭が壊されるので。ごめんよ褒めるところがない。

何もしてない自分が一番ダメです。
[PR]
by karuishi2005 | 2006-03-11 02:30 | アニメ感想?

なんだかんだエウレカセブン

最終回は一時間スペシャル

おお、チャレンジャー。恐るべしボンズ。
結構見ている人いるのかなあ。
と思いきや、自身もなんだかんだで見てるのでどうしようもねえ。
惰性って怖い。と言う話である。

ネームは追い込み中…ちゅー。ちくしょおおおお。
まだだ。まだ今日は終わっていない。
[PR]
by karuishi2005 | 2006-03-05 20:09 | アニメ感想?

舞おとめー。エリスちゃんお疲れ。

ぼけっと見る。

あ、来た。前作の巧くんラインがやっと来た。
今まで仲良くしていた親友が死んだり、
やっと仲良くなった親友と本気で殺しあったり、
国家問題を隠れ蓑にした痴情の縺れがこうやってこうぎゃわー。
こんな感じで、展開がどろどろどろーになるのな。

うん、とても暗いな。むしろ黒い。さようなら親友、グッバイ。

だというのに。僕ときたら、むしろにやにやしてしまうのは何故だ。酷い。変態だ。

まいったなあ。面白くなってきたぞ。

さて、しばし更新停止で御座る。
[PR]
by karuishi2005 | 2006-02-07 01:41 | アニメ感想?

電話が鳴る

起きた。

極寒。

枕元においた携帯電話に受信機録が何件か残っている。

ぷるりらと、かけ帰そうかと思ったけれどこんな時間に電話ってありだろうか。
いやいや、もしか寝ているんじゃないか?
ははあ分かった、夜にもう一回かけてくるつもりだな。大丈夫、夜なら僕は平気さ。
と、あまりに寒いので自分からの発信はロマンキャンセルしている。
「そのときに出れなかったのは縁がなかったからなのよぉ」
と言うやつである。少なくとも今日はそうなのであろう。寒いし。
夜に感じるレベルの寒さが昼間から。なるほど。こんなにも寒いか。
寝ている途中、不自然に何度も目を覚ますはずだ。

そう言えばトラが実家に帰ったらしい。あの親孝行ぶりは毎度、素晴らしいな。置き土産とばかりに撮りためたガン×ソード全話を置いていってくれた。催促してみるものである。
合宿から帰ったらウェンディ祭りを敢行するしかあるまい。

さて、明日から合宿だ。
[PR]
by karuishi2005 | 2006-02-06 14:35 | アニメ感想?

ガンダム三部作とシャンバラと備長炭

アニメ見ているがファイナルアンサー
そんな生活。だめ。
でもアニメ面白いよ。というわけで。

ガンダム三部作。それからシャンバラDVD。
見終わってしばらくはのほほんとしていた。
で、今「びんちょうタン」見た。「びんちょうタン」って言うと如何にもオタクせーうひょん。みたいな感じになるので具合が悪くなるのだが仕方ない。我ながら潔さがないなあ。とは思うけれど。こればかりは。…さて、今更かな?

ともあれ、びんちょうタン。
一見した限り、昨今なかなか見ない細かな背景が見物。協力する動物たちが一番きゅんと来るのだけども(鴨がいいよ)びんちょうタン自体も可愛いかも知らん。いや、可愛い。
詳しくは知らないので適切な言い方ではないかもしれないけど、びんちょうタンというキャラクターの一番うまい魅せ方をしているアニメではないだろうか。「萌えー」だの「むひょー」だのお決まりの文句を言おうにも、コレだけのクオリティでやられると最早何もいえないと言うのが正直なところ。ただ、これが出来るのであれば前言とはまた違う意見になるが、主人公はびんちょうタンでなくともいい気はするというのもまた然り。世界名作劇場の匂いもある気がするので如何様にも出来るような。

…まあ、評論ぶった訳ですね。
さて、自分のことしなくちゃ。人のこと言ってる現状ではないと言うのに何をやってるのだ。
[PR]
by karuishi2005 | 2006-02-06 03:01 | アニメ感想?

オタの叫びを聞くがいい

今日もジェネシス見た。って言うか今、見てるからね!録画したやつをさ!
…最近、アニメばっかりだああああ…

ともあれ先週はミィとルージで一席打って置いて今週はなんだ!
なに!コトナにプロポーズなのか!馬鹿め!
そんなことしたらミィとの仲が危険だろうこの野郎!ファッキーーン!

やめて!やめて!

仲良くしてよ仲良くしてよ!ミィとルージがくっつくので終わらせてよ!いいじゃん!コトナとくっつくのはセイジュウロウとかでいいじゃん!ガラガとかもさ!ラカンとかもさ!いくらでもいるじゃねーか!何故にルージか。一夫多妻か!やめろこの野郎、確信犯め!誘惑すんなコトナルージは駄目だから誘惑されるともうほんと喰らえ乙女のびんたーー!!
きぃぃぃぃぃぃぃ!

以上、オタクの叫びであった。がんばれ。
[PR]
by karuishi2005 | 2006-02-05 17:02 | アニメ感想?

ターンAガンダム

なんだかんだで見てはいなかったターンAガンダムを見ている。

キャラクターがすごい可愛い。すごいウザイ。すごいかっこいい。すごい不様。
非常に極端である。
また、MSをはじめとする機械群のデザインもとても面白い。
発表された当時は、99年頃だろうか。
とにかく、僕はファースト等を視聴してない状態でゴッドガンダムにはまっていた時期で
何かの紙面で確認したヒゲのガンダムに嫌悪感を示したことを覚えている。
しかし、今ではどうだ。ヒゲが駄目なのではない。むしろヒゲがいいのだ。
人間、変わるものである。こだわりが薄くなったのだろうかとも思うが多分違う。
パワーだ。詰まるところ、作品力である。凄まじい影響力だ。
何もかもある程度の知識としてはあったけれど、本腰を入れて見るものはやはり残る感覚と意識が違う。まさか、こんなにも簡単に心情を揺り動かされるとは思わなんだ。
全く持って、思い入れの力とは恐ろしいものだ。

ロランのいまいちの頼りなさと可愛さが素晴らしい。
サブキャラも生き生きとしている。
今更すぎるけれど、素敵な作品だ。
[PR]
by karuishi2005 | 2006-02-03 02:05 | アニメ感想?



ぎゃああああああああ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30